フリーランス

フリーランスはフリーターではないの!?違いや意味を解説します

こんにちは、リバティエンジニアのFUNAです。
現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

最近「フリーランス」という言葉をよく耳にしますよね。

そもそもフリーランスってなに?

フリーターとなにが違うの?

と疑問に思う方も多いと思います。

この記事ではそういった疑問を解決するために簡単にフリーランスについて解説していきます。

また、「フリーランスに興味がある」という方にも参考になるように、仕事内容もご紹介します。



 

そもそもフリーランスってなに?フリーターとの違い

「フリーランス」とは企業、会社に所属しない働き方です。

勤務時間も自身で自由に決めることができ、会社員のように週休2日といった決まりがなく、好きに休日を取得することができます。

また、就業場所も自身で決めることができるので、カフェなどの外出先でも作業ができる仕事が多いです。

フリーターの場合「企業」「会社」に雇用【非正規雇用】されている方が一般的にフリーターに当てはまります。

飲食店で接客業のアルバイトしている場合は、フリーターになります。

在宅ワークをされている方で、非正規雇用で仕事をしている場合も、フリーターに該当します。

簡単にまとめると

  • 企業、会社に所属はせず、個人で仕事をしている方を「フリーランス」
  • 「企業」「会社」から非正規雇用でお給料をもらっている方を「フリーター」

といった認識で間違いないです。

フリーランスとフリーターの共通点

フリーランスとフリーターは働き方は異なりますが、共通する点があります。

知っておくと損はしないので、こちらも解説していきます。

フリーランスとフリーターはどちらも収入が不安定

フリーターの場合、一応は雇用契約をしていますが、非正規雇用扱いです。

例えば、飲食店でアルバイトしているとします。

「今日、暇だから休みでお願いします」とお店から連絡一本で簡単に収入が減ってしまいます。

フリーランスも同じで、企業が募集をかけない限り、仕事ができないので収入は0です。

さらに、フリーランスは自身のスキルの高さや企業との信頼関係も重要なので、「納期を守れない」「スキルが足りない」などの理由で、プロジェクトを打ち切られることもあります。

社会的信用度が低い

フリーランス、フリーターはどちらも正規雇用で仕事をしていないので、必然的に社会的信用度が低くくなってしまいます。

社会的信用度が低いと

  • ローンが組めない
  • クレジットカードを発行できない

などの問題が出てきます。

フリーランスは収入が安定するまで時間がかかるので、社会的信用度も低くなります。

したがってクレカ、ローンの審査が格段に通りにくくなります。

ですが、フリーランスの場合は実績、成果物によって信用度を上げることが可能です。

フリーランスになる前に審査は

現在、正社員で働いている方で、フリーランスのお仕事を始めようと考えている方は、今のうちにクレジットカードの発行とローン審査を済ませておくことをおすすめします。

フリーランスのお仕事を簡単に紹介します。

フリーランスといっても、様々なお仕事があり、初心者の方は自分の好きなジャンルから始めてみるのが良いです。

未経験でも始めることができるお仕事も多いので、ご紹介していきます。

動画編集【YouTuber】

最近ではYouTuberも増え、身近なお仕事という認識になってきています。

YouTuberが増えることによって、動画編集のお仕事も必然的に増えていきます。

その理由は動画編集をYouTuber自身ではなく、別の人に任せていることも多いためです。

動画編集にはスキルが必要

こちらのお仕事はある程度のスキルが必要です。

動画編集スキルは年々高まっているため、動画の高い編集スキルが求められることがあります。

webライター・ブログ

webライターとは依頼主からお仕事を引き受け、記事を作成するお仕事です。

ジャンルも様々で、コラム記事を書くこともあります。

報酬は文字単価によって大きく変わるので、自身の頑張り次第で収入も変わってきます。

よく聞くブログの運営はWEBライターと少し違います

グログの運営とは、依頼主から仕事を引き受けるのではなく、自身で作成した記事をブログにアップします。
その記事をユーザーに見てもらうことで広告収入を得るというお仕事です。

こちらはSEO対策や継続的に記事の作成などがあり、未経験の方にはハードルが高いので、まずはWEBライターで経験を積んでからブログの運営をおすすめします。

WEBデザイナー

webデザイナーとは、企業や個人から依頼を受けてWEBサイトのデザインを担当します。

サイトのテーマやカラーなどの外観だけでなく、コーディング等の裏方のお仕事も担うことがほとんどです。

必要なスキルもありますが、未経験の方も簡単に始めやすいお仕事です。

Web制作をするにはプログラミングなどを勉強しなければなりませんが、未経験でもエンジニアのスキルを身につけることはできるので、気になる方は下で紹介する記事を見てみてください。
>> 【結論】未経験でプログラミングの独学はぜんぜん可能

まとめ

今回は、フリーランスとフリーターのについて下記の項目ついて解説しました。

  • フリーランスとフリーターの違い
  • 共通点
  • フリーランスの仕事例

フリーランスは企業に所属せず、個人で企業とお仕事をする働き方です。

フリーターの場合は非正規雇用で契約を行い、お仕事をする働き方です。

共通する点もありますが、収入が大きく変動するフリーランスはフリーターに比べて、より収入が安定しません。

ですが、自身の頑張り次第で正社員の方よりも収入を得ることは十分可能です。

また、フリーランスの仕事内容も様々で自分に合ったものを仕事にできます。

フリーランスに興味がある方や、違いについて調べている方の参考になれば幸いです。
>> フリーランスに挑戦!準備は必要ない。~エンジニア・プログラマ編~

Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.