WORK

【Wantedlyとは?】使い方やエンジニア転職に活用する方法を解説

就職活動でWantedlyが良いって聞いたんだけど、実際どうやって使えば良いの?登録すれば勝手に企業からスカウトがくるって本当!?

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは、リバティエンジニアのFUNA(フナ)です。

現役でフリーランスのエンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • Wantedlyってどうやって活用すれば良いのか知りたい方
  • Wantedlyってなに?企業からスカウトがくるって本当なのか知りたい方

 

今回は、Wantedly(ウォンテッドリー)というサービスについて、どんなサービスなのかやどう活用すれば良いのかを解説していきます。

就職活動にも活かすことができる無料のサービスですので、ぜひ有効活用しましょう。

 

 

Wantedly(ウォンテッドリー)とは?

Wantedly(ウォンテッドリー)は「働くをおもしろく。」をモットーにしたサービスで、簡単に言うと「ビジネス版SNS」のようなものです。

ビジネスにおける人脈などを管理できるのはもちろんですが、ビジネスにおける情報網や新しいつながりを作ることもできるものとなっています。

FUNA
このサービスを利用して就職活動の際の企業探しやエントリーなどもできるのがこのサービスの最大のメリットですね!

 

Wantedly(ウォンテッドリー)を使うメリット

Wantedlyは登録してプロフィールや実績の詳細を登録しておくだけで、多くのメリットが得られます。

 

  • 気軽に企業とコンタクトが取れる
  • 価値観の合う企業を探すことができる
  • 同じような思想の企業からスカウトが届く

 

気軽に企業とコンタクトが取れる

Wantedlyの最大の特徴といっても良いメリットがこちらの「気軽に企業とコンタクトが取れる」ことです。

 

通常だと企業の人と連絡を取り合うことはなかなか難しく、ラフにコンタクトを取れる環境はありません。

その点Wantedlyだと「話を聞きに行きたい」というボタンがあるので、気軽に企業にアポイントをとることができるのです。

 

価値観の合う企業を探すことができる

Wantedlyでは通常の求人サイトなどにある、年収や待遇などの条件を掲載することは禁止されています。

そのため、価値観や業務の内容・人間性といった部分が重要視されるので、あなたと価値観の合った企業を探しやすくなっているのです。

 

同じような思想の企業からスカウトが届く

よくある求人サイトなどでは、エージェント側や企業側が個人のプロフィールを詳しく見ることなく、手当たり次第にスカウトメールを送っていることが非常に多いです。

ですが、Wantedlyでは企業側の方が個人のプロフィールを見てからスカウトを送ることが一般的なのです。

 

FUNA
つまり、より価値観の合う企業に巡り会う可能性が高いということです!

なので、プロフィールを充実させることでより多くの企業からスカウトが送られる可能性も増えるということですね。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)を使うデメリット

ここまで見て「Wantedlyめっちゃ良いじゃん!」って思うかもしれませんが、もちろんデメリットもあります。

 

  • 応募前に給与や待遇などの条件確認ができない
  • 労働環境の悪い企業もある
  • プライベートを公開しなければならない

 

応募前に給与や待遇などの条件確認ができない

これはメリットの時にも言いましたが「給与や待遇の掲載が禁止」されているため、応募前に条件の確認を行うことができません。

 

価値観や事業内容がいくらマッチしても条件が悪いと問題ですよね。

そんな方は企業のHPや求人サイトなどを確認して条件面を参考にすると良いでしょう。

 

労働環境の悪い企業もある

Wantedlyは企業側の掲載費用が安いため、簡単に登録することが可能です。

 

そのため、あまり利益が上がっていない企業や業績が良くない企業なども登録できてしまうのです。

さらに、先ほども言った「応募前に条件の確認ができない」ため、価値観や面白そうという動機だけで応募するのは注意が必要です。

 

もしこのようなデメリットが気になる方は、他の転職サービスやサイトを紹介しているのでこちらもチェックしてください。

合わせて読む
【未経験でもIT業界に転職したい!】IT業界エージェント・転職サイトのおすすめ

IT業界に本気で転職したいという方や、転職を考えている方向けに、転職サイトや転職エージェントを紹介します。すでにIT業界で働いている方、全然違う業種だけど心機一転チャレンジしたい方など、たくさんいると思います。それぞれの方が挑戦しやすいよう、転職の際に失敗しないコツなどを実際に私が経験した事例も含めてお話ししていきます。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)の使い方

では早速Wantedlyの使い方・登録方法をご紹介します。

といってもシンプルなデザインで、登録方法もGoogleやFacebook・メールアドレスなどから選べて簡単にできるので、サクッと見ていきましょう!

 

Wantedly(ウォンテッドリー)新規登録

まずはWantedly公式サイトを開いて新規登録を行いましょう。

 

上記画像、公式サイトのトップ画面の右側(赤丸内)に新規登録・ログインの項目があるので、好きな方法で登録します。

 

今回はGoogleアカウントを利用して新規登録をしていきます。

FaceBookの下にある「Google」をクリックすると下記の画面に切り替わるので、名前とパスワードを設定してください。

 

自分の情報を入力して設定が完了したら「→」ボタンを押して次に進みましょう。

すると下の画像ように切り替わるので、指示に従って自分の情報を3ステップでまずは「生年月日」から入力していきます。

「次へ」を押してどんどん進みましょう。

すると、次は自分が興味のあることを選択する画面になります。

最大で「6つ」しか選べないので、よく考えて厳選しましょう。

次は自分の「経験」を入力します。画面の「現在の仕事」を選択してください。

すると下の画像のようなページに変わります。

指示に沿って自分の情報を入力したら「保存」しましょう。

たったこれだけで登録完了です!

とても簡単ですぐにできますよね。

登録が完了すると、今自分が「転職や副業に対しての興味度合い」を入力できるので、自分の考えに合っているものを選択しておきましょう。

FUNA
もしかすると、これを見た企業があなたに興味をもってアポイントがくるかも!

 

Wantedly(ウォンテッドリー)での採用までの流れ

Wantedlyの最大の特徴はなんといっても気軽に話を聞けることです。

 

それぞれの職種の募集画面にある「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックするだけでエントリーが完了

あとは企業の人と相談しながら具体的な日取りを決定します。

正直転職ってそもそも返事がもらえるか、もらえないかがとても重要なので、気軽にアポがとれるのはこの時点で有利ですよね。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)のスカウトの仕組

Wantedlyでは企業側からビジネスパーソンに対してスカウトを送る機能があります。

スカウトを受けるためには、あなた個人のスキルや経歴などの「プロフィール」を具体的に埋める必要があります。

 

プロフィールがあまり充実していないユーザーと、充実しているユーザーのスカウト数は2〜4倍で変わってきます。

 

プロフィール作りのポイント

  • 経験実績・スキルを簡単に説明
  • 専門分野や好きな分野・興味のある分野を記載する
  • ブログやSNSのリンクを貼っておく

Wantedly(ウォンテッドリー)のプレミアムプランとは?

Wantedlyには無料の通常会員プランの他に、プレミアムプランも存在します。

 

プレミアムプランでは月額2,980円を支払うことで、以下でさまざまな機能を使用できます。

プレムアムプラン限定機能

  • 受け取るスカウトの数が約10倍になります。
  • 過去90日間のプロフィールを見た人をすべて確認できます。
    ※ 訪問したユーザーがプロフィールを公開している場合のみ
  • 企業があなたのプロフィールを閲覧するときにプレミアムマークが表示され、企業へ仕事探しへの本気度が伝わりやすくなります。
  • Premiumエントリー が可能になります。

このプレミアムプランですが、初回無料や一週間無料などのキャンペーンを実施していることがあるので、転職を考えている方は積極的に活用しましょう。

 

まとめ

Wantedly(ウォンテッドリー)は転職や副業を検討している方は積極的に活用することをおすすめします。

登録さえしておいて、実績などのプロフィールを充実させて待っていればスカウトが届くことも。

なので、なんとなくでも転職を考えている人は使ってみてくださいね!

 

【PR】:  フリーランス向け求人・案件を探すならこの3サイトがおすすめ!

※上記は当サイトからの登録が多い順になっています
※上記以外のエージェントを知りたい方はIT業界エージェント・転職サイトのおすすめをご覧ください。

 

 

関連記事

【Wantedlyとは?】使い方やエンジニア転職に活用する方法を解説

Wantedlyを使って就職活動を有利に進めてみませんか?この記事では、Wantedlyの基本の使い方や就活にどのように活用するのか。登録しておけば勝手に企業からスカウトがくる!というのは本当なのかを解説していきます。

副業を在宅でやるための心得を紹介!お小遣い稼ぎにおすすめの仕事とは

働く時間·場所を選べるから副業として挑戦してみたい。だけど何をすれば良いのかわからない人に向けて、この記事では在宅ワーカーとしてお小遣い稼ぎを始める前に知っておきたいことを紹介していきます。

【フリーランスになりたい人必見!】仕事を始める前に知っておきたいこと

近年、働き方の多様化によって注目を集めているフリーランス。もしあなたがフリーランスになりたいのであれば、会社員との違いを調査しましょう。この作業は独立を現実的な選択肢にするために避けては通れない道です。勢いで始めて務まることではありません。勢いで仕事を辞めて貯金を食い潰す生活にならないためにも、ぜひこの記事を読んでいってください!

『未経験でエンジニアになるのはやめとけ?』そんなことはない【未経験でエンジニアになった私の体験談】

未経験でエンジニアになりたいと考えて、周囲に相談したりSNSやネットで調べてみると「やめとけ」という情報をよく目にすると思います。その情報は本当なのでしょうか?実際に未経験からエンジニアとして転職に成功した私がその過程や試したこと、実際に大変だったことなどのお話をしていきます。

【2021年最新版】クラウドテックの評判は?【実際に利用してみた】

数あるエージェントの中でもフルリモート案件が多い「クラウドテック」について実際にクラウドテックを利用して案件に参画した私が、メリット・デメリットをご紹介します。営業に日々消耗しているあなたはフリーランス専門エージェントを活用してみましょう。


最近の投稿

Copyright© FUNA BLOG , 2022 All Rights Reserved.