フリーランス

フリーランスに挑戦!準備は必要ない。~エンジニア・プログラマ編~

こんにちは、リバティエンジニア[?]のFUNAです。 現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

今回は「フリーランスエンジニアになるのに準備なんて必要ない。」このことについて、実際の体験談も含めてお話していきます。

フリーランスと言ってもいろいろな職種があります。

デザイナであったりライターなど様々です。そんな中でも今回は、エンジニアやプログラマといった職種についてのお話をしていこうと思います。

フリーランスとは?

現在、社会人の大体の人がどこかの会社に所属して「給与」をもらって働いています。

ですが、世の中には「フリーランス」と呼ばれる働き方をしている方たちもいます。

 

フリーランスと会社員の大きな違い

仕事に応じて自由に契約し、どこの会社にも所属していないこと。

 

おもにライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種において、個人で仕事をしている人のこと示すことが多く、個人の才覚などで仕事をしている人とも言えます。

 

フリーランスに準備は必要ない!

フリーランスになりたいけど、まだ挑戦できていない。そんな方が多いと思います。

 

フリーランスに挑戦できていない理由

よく皆さんが挑戦できない理由にはだいたい共通する理由があります。

 

  • まだ技術が足りない
  • 会社に迷惑がかかるしタイミングが合わない
  • ちゃんとフリーランスでやっていけるか不安

 

ぶっちゃけるとそうやって考えている時間が無駄です。

 

→ 技術は実践で経験しながらつければいいです。むしろそのほうが早く効率的に技術が上がっていくのでおすすめです。

 

→ こんな言い方は良くないかもしれないですが、自分ひとりがやめたところで会社にはたいして影響はありません。すぐに次の代わりの方が来ますし、引き継ぎの際は少し負担かもしれませんが1、2ヶ月もすれば忘れます。なので、この内容で悩んでるならすぐに会社をやめましょう。

 

→ これも無駄な心配事です。まだやってもないことについて不安になっていても仕方がないんです。やってみてから失敗してもいいんです。

 

私もそうでしたが、多くの成功者は「数えきれないくらい失敗をしています」やらなくて何も得ないことが一番ダメで無駄な時間ですね。

挑戦しないとなにも変わらない

上記でも言ったとおり、

挑戦しないと「成功」も「失敗」も得られません。
まずはチャレンジ!

 

先ほども少しお話しましたが、失敗はしてもいいんです。逆に言うといっぱい失敗して自分の糧にしてください。

有名な経営者には失敗をたくさん経験している方ばかりです。
恐れずに第一歩を踏み出しましょう。

 

比較するには小さいですが、私も多くの失敗をしてきました。

エンジニア駆け出しの頃「恐らくできるだろう」とやったことない案件に手を出したことがあります。
結果、クライアント様にご迷惑をお掛けしたことがありました。

 

 

でも、その経験のおかげでその失敗以降は「検討」を十分にするようになります。

 

 

検討を十分にすることで以前より提案の際に具体的に且つ、サンプルを提示することができるようになったおかげで「受注率も上がりました。

これが一番の収穫でしたね。

 

失敗はしてみないと何があるかわからないし、失敗するには挑戦が必須。

その失敗を活かして次は「成功」させましょう。

 

フリーランスエンジニアのお金の話

私はフリーランスになりたいと思ったきっかけが3つあります。

  • 自由な時に自由な場所で働きたい
  • もっとお金を稼ぎたい
  • 上司部下の関係が煩わしい

 

まあ、だいたいみなさんこのような理由ですよね。

その中でも今回は「お金」の話をします。お金はあるに越したことはありません。

お金があると人生に余裕が生まれて新しい発想も生まれるので人生が豊かになりますよね。

 

フリーランスになることで、自由は増えてお金も豊かになりますが1つ大変なことがあります。

それは「税金」ですね。

 

フリーランスになったけど、税金は?

今までは会社に所属していたため、会社が全部やってくれていた「税金」について。

私も何も知識がなかったため最初はすでにフリーランスとして活躍している方のブログや書籍で勉強していきました。

 

おすすめの本とか紹介しとくので、よかったら参考にしてみてください。

この本はドンピシャで今話している内容のことを解説してくれているのでおすすめです。

まとめ

今回は、エンジニアをしているのならぜひフリーランスになったほうがいいよ!という内容でお話しました。

 

ポイント

フリーランスエンジニアには意外と簡単になれて意外と稼げるよって話です。

 

迷っている方はすぐにでも挑戦してみましょう。

悩んでいるその時間ももったいないですよ。


未経験でのエンジニアになる時に「独学する」や「スクールに通う」このような選択をする際にはまとめている記事もあるので、参考にしてみてください。

>> 【初心者必見】現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール

>> 【結論】未経験でプログラミングの独学はぜんぜん可能

>> 【保存版】未経験でも勝てる!IT業界エージェント・転職サイト

 

Kindle Unlimitedで無料で本が読める

 

Kindle Unlimitedを無料で試す

 

なら最初の30日間は無料でコーディング・デザイン・ブログ・英語・Youtubeの参考書・キャリア・副業・マーケティング・漫画・美容知識・雑誌などが読み放題です。

人気の本もあるので是非お試ししてみてください!30日以内に解約すればお金は全くかかりません。

 


最近の投稿

【今すぐ行動しよう】フリーランスエンジニアとブログの相性は抜群!

フリーランスエンジニアがスキルや経験から得たビジネスノウハウを共有する手段として「ブログ」は非常におすすめです。自身のスキルや知識のアウトプットや、実際に自分が経験したことを共有して同じような境遇の人の手助けになるような情報を公開することで自分に帰ってくるメリットは非常に多いです。今回はそのあたりについて紹介していきます。

【経験談】フリーランスのエンジニアは本当に大変なの?安定のコツやポイント

フリーランスのエンジニアは「大変だからやめとけ」という話をよく聞くので、そのことについて現役でフリーランスエンジニアとして生活している私が、その話の実態を解説しようと思います。フリーランスエンジニアの大変なところはもちろんありますが、それ以上にメリットが多いので私個人的には非常におすすめしています。

【幸福度UP】フリーランスエンジニアの「田舎暮らし」実現できます

フリーランスエンジニアとして田舎で暮らす人が増えてるって聞くけど、本当なのかな?どうやったら実現できるのか?今回はフリーランスエンジニアとして田舎で生活をしたいという方向けに、実現可能なのか、実現するにはどうすれば良いのかをご紹介します。

【単価交渉で収入アップ】フリーランスが単価交渉を成功させる4つのポイント

フリーランスが収入をアップさせるための重要な手段のひとつに「単価交渉」があります。今回は、現役でフリーランスとしてエンジニアをしている私が実践して効果のあった単価交渉の方法やコツをご紹介します。

【 今なら無料!】タスク管理ツール「Backlog」を無料で使う方法と手順

今回は、普段のタスク管理からプロジェクトの管理まで幅広く使えるツール「Backlog」を無料で使うための方法とその手段を画像つきで紹介しました。もし気に入らなければ、期間内に解約してしまえば費用はかかりません。また、以外と知られていない「フリープラン」も紹介しているので、是非参考にしてみてください。

Copyright© FUNA BLOG , 2021 All Rights Reserved.