WORK

今おすすめする副業ランキング【在宅ワークは可能?】

こんにちは、リバティエンジニア[?]のたくやです。 現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

今回は、いま流行りの副業についてのお話です。

最近では多くの会社で副業を許可したり推進するところが増えてきました。そんな中で実際に副業する人が増えている今だからこそ、おすすめの副業をご紹介します。

情報の信頼性

実際に私は会社員として働いていた時には、本業とは別に副業を行い月に大体4万以上の副収入がありました。

その際に行った副業は複数あるのですが、どれも在宅でできて、自分の好きな時間に好きなだけ作業することで副収入を得られていました。

そんな中でも私が是非これから副業をしてみようかな?と思っている皆さんにご紹介したいもののメリット・デメリットなどを包み隠さずにお話していこうと思います。



会社員が副業をするメリット・デメリット

まずは、会社員の方が副業をすることに対して発生する、メリットやデメリットのお話をします。

今まで、多くの会社では副業は禁止とされてきました。
その理由として、

・本業に集中できない(支障が出る)
・過重労働を防ぐため
・情報漏えいのリスクがある

などがありました。

確かに雇う側としては、あまりメリットがないように感じられますね。
ですが、最近では逆に副業を禁止にすることで、

・個人のスキル向上の妨げになる
・他業界の知識をつけることで本業にも活かせるかもしれないチャンスを潰している
・社員のモチベーションがさがる

などを懸念する雇用主が増えてきたこともあり、副業が解禁されている傾向にあるのです。

副業を解禁する背景

これには企業側(雇用主)の隠れた背景があります。

実際に副業を解禁している企業の代表の方がおっしゃっていたのですが、社員に副業をしてもらうことで、「個人で考える力がつく」「社員の人としての幅を広げる」「常に思考する力がつく」など、会社にとって逆にメリットが多いと言います。

ではなぜ、個人の力が上がると会社にとってメリットなのか、これは考える必要はありませんね。

個人の力 = 会社の力

これが全てです。

また、副業を許可すると社員の会社に対する不満も減って離職率も減ると言います。
一見、新しいスキルを身につけると、その副業だけで生活ができるようになってしまい、結果退職につながるケースもあるようですが、それは100%ではないのでそれを考慮すると、それ以上にメリットがあるようですね。

副業をするメリット

先程も少しだけお話してしまいましたが、会社員が副業をするメリットについて話していきます。

副業するメリット
・経済的に安心感が得られる
・新しいスキルの習得
・転職のチャンスを広げられる

副業メリットその① 経済的な安心感が得られる

副業をしたい、もしくはしている方にとってはこれが一番多い理由ではないでしょうか。

経済的な安心感。あたりまえですが、副業をすることで本業で稼いだお金と副業で稼いだお金の両方が入ってくるので経済的に余裕がでてきますよね。

ちょっとしたお小遣い稼ぎとして副業する方も多くいて、そのような方は平均して数万円の副収入を得ている方が多いように感じます。

副業メリットその② 新しいスキルの習得

副業をしている人の中には、新しいスキルの習得のためにしている人もいます。

「じゃあ普通に勉強でいいじゃん」そう思う人もいると思います。
でも、どうせ同じ勉強をするならお金もついでに稼げれば、もしその副業で得たスキルを元に転職するとなった場合に転職資金にもできますよね。

副業メリットその③ 転職のチャンスを広げる

こちらは先ほどのメリット②とも少し似ているのですが、転職のチャンスを広げるために副業をしているパターンです。

では、なぜ副業をすることで転職のチャンスが広がるのでしょうか。

それは、「転職資金が貯められる」「世の中の他の業界のことを知れる」「新スキルも一緒に習得できる」このような理由が深く絡んできます。

一言に転職すると言っても、お金もかかるし他業種の場合、未経験では雇ってくれるところも少なく簡単ではないです。

なので、このような人は副業で収入を得ながら個人の力・スキルを向上させながら転職できる可能性をどんどん広げているわけですね。

副業でスキルやお金を貯めて転職にチャレンジする方は、是非下の転職サイトをおすすめします。

転職ナビ : 業界最大級の転職サービス(掲載求人は8000件以上)
転職会議 : こちらも超大手です。低/高評価のリアルな口コミ付きなので信頼できますね。

IT業界の転職には下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

【保存版】未経験でも勝てる!IT業界エージェント・転職サイト

副業をするデメリット

ここまでは、副業に対して良いことばかりをお話してきました。

ここまでの話を聞くと、「副業なんてそんな簡単にうまくいくはずがない」「胡散臭くて信じられない」というかたも少なからずいると思います。
ですので、しっかりと現実を受け止めた上で様々な挑戦をしていただくためにも、デメリットのお話をしていきます。

副業をするデメリット
・過重労働で倒れる可能性がある
・本業に集中できなくなる可能性がある

紹介したはいいものの、あまりないですね。
それに紹介したデメリットはすべて「可能性」の話です。つまり自分でちゃんと管理できれば全く問題ないということですね。

まぁあくまで副業なので自分のできる範囲で楽しくスキルアップできて稼ぐくらいが良いかと思います。

実際に私が会社員時代に副業をしていた時は、作業量を増やしすぎてしんどかった時期もありましたが、それを1度経験してからは自分を管理する能力もついてきて楽しく副業してスキルアップできたと思います。

おすすめの副業ランキング

少し前置きが長くなってしまいましたが、私がおすすめする副業をランキング形式でご紹介します。一覧としては下記のとおりですので、順番に解説していきます。

おすすめ副業ランキング
・第10位 投資・資産運用
・第9位   デザイン
・第8位   データ入力
・第7位   ポイントサイト
・第6位   せどり
・第5位   ネットショップ
・第4位   Youtube
・第3位   プログラミング
・第2位   ライティング
・第1位   ブログ

第10位 投資・資産運用

第10位は「投資・資産運用」となりました。

こちらはうまく行けば大きな収益を見込めます。実際に資産運用で数百万の利益をわずか数十分で生み出す人もいます。

ですが、この資産運用や投資というのはあくまで自分の元にある資金を元手に行います。
初期費用がある程度かかってくる。ということや、マーケティング能力や業界知識なども必要になるため勉強することが必須な上に大変なため、おすすめ度としては10位とさせていただきました。

ですが最初にも言ったように副収入としては、夢のある副業なのである程度稼ぎが安定している人が投資や資産運用で稼いでいる人が多いです。

第9位 デザイン

次にご紹介するのは「デザイン」です。

これに関しては、絵が上手であったりレイアウトや配色のセンスが必要になってくるので、人によっては手を出せないかとおもいましたので、9位にしました。

副業としてデザインで稼ぐにはいくつか方法があるのですが、ココナラ というサービスがおすすめです。

ココナラ は個人のスキルに値段をつけてサービスを売る事ができます。ココナラ はまだまだブルーオーシャンで、これからどんどん伸びると予想するので他と差をつけるためにも、今ここで一足先に登録だけでもしておきましょう。

ココナラ : 1分以内に完了!無料会員登録はこちら

第8位 データ入力

次に紹介するのが「データ入力」です。これは一言でデータ入力と言っても様々な業種のお仕事があるのですが、クライアント様の企業で発生した事務作業の代行がメインになります。

こちらはやったらやった分だけ収入が得られ、普通にパソコン入力ができればいいので特にスキルが必要といったことはないので、すぐに始められますね。

「データ入力」の仕事は主にクラウドソーシングを利用します。
有名なのはランサーズCrowdWorks(クラウドワークス) Craudia(クラウディア)が大手で使いやすいので、私も利用しています。

すべて登録無料なので、登録して募集されているお仕事を一度見てみることをおすすめします。

第7位 ポイントサイト

「ポイントサイト」は主婦の方に人気ですね。名前の通り、新規無料会員登録等を行うことでポイントを取得し、そのポイントを換金したり商品と交換したりします。

ポイントサイトを使った副業もなかなか根気のいる作業ですが、続ければ確実に収入は入ってくるので、ちょっとした遊び感覚で楽しみながら副業することができるのでおすすめです。

比較的稼ぎやすく安心できるポイントサイトをいくつか紹介しておきます。登録はどれも簡単・無料なので色々試して自分にあったものを見つけると言いですよ。

ちょびリッチ : 12年のキャリアがあるので信頼度抜群です。大手なので安心・安定。
i2iポイント : 普段のお買い物をちょっとお得にしながらお小遣いが稼げます。

ポイぷる : 貯まったポイントは現金や電子マネーに交換でき、手軽に始められます。
ハピタス : 高還元率のポイントサイトと言えばハピタス ですね。こちらも大手なので安心。

第6位 せどり

次にご紹介するのは「せどり」です。

せどりとは、Amazonや楽天、その他フリマサイトなどのネットショッピングやオークションで買った商品を買ったときよりも高い値段で、他の場所にて売ることを言います。

このせどりは、いかに時代の流れや購入するユーザーの需要を読み解けるかが大切になってきます。
商品を自分で買う。というアクションである程度元手となるお金が必要です。

需要と供給のバランスをしっかり目利きしないと無駄に売れない商品在庫を抱えることになってしまうので注意しましょう。

初心者の方がまとまった利益を生み出すのは少し難しいかもしれません。

第5位 ネットショップ

ネットショップは一見ハードルが高そうに見えますが、BASE なら完全に無料で簡単に自分のネットショップを解説することが出来ます。

他にもネットショップを解説できるサービスはいろいろあるのですが、完全無料ですべての機能をすべての人が使えるのはBASE だけです。

登録からショップの開設まで、すぐにできるので一度登録してみてから考えてみてもいいかもですね。

 

第4位 Youtube

動画視聴といえば、Youtubeを使う人がほとんどですよね。
そこで配信している方たちはYoutuber(ユーチューバー)と呼ばれていますが、彼らは動画を配信しその動画の途中などでいろいろな企業の広告を流し、その広告主から収入を得ているわけです。

Youtube配信で収入が得られるようになるには、以下の条件があります。

・過去12ヶ月間総視聴時間が4,000時間以上
・チャンネル登録者数が1,000人以上

少し前までは、動画の累計視聴回数が1万視聴以上であれば誰でも広告収入を得るための申請が行えたのですが、今では少し改定され以前より難しくなっています。

1つ目の条件は2つ目の条件である「チャンネル登録者数1000人以上」をクリアしていれば、1つ目は自然とクリアできるほどの実績があると思います。

と言っても「Youtube」はまだまだブルーオーシャンで波に乗っている途中なので、今始めても全然遅くないのでおすすめです。

第3位 プログラミング

いよいよおすすめ副業ベスト3の発表、、第3位は「プログラミング」です。

プログラミングは、学習の時間がある程度必要になってきます。ですが、一度覚えてしまえばかなりの高収入が見込めます。

実際に私も会社員時代に副業のプログラミングで毎月数万円稼ぎました。

副業での収入がすぐに成果としてほしい。という方でないのであれば、今からでも学習を始めるのがおすすめです。
ちなみにプログラミングを学習する方法は2つあり、一つは「独学」で、もう一つは「プログラミング学習スクール」を利用する事です。

プログラミングの独学については下の記事で詳しく書いているので、参考にしてみてください。

【結論】未経験でプログラミングの独学はぜんぜん可能

プログラミングスクールについては、下の記事を参考に。

【初心者必見】現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール

第2位 ライティング

第2位は「ライティング」です。
簡単に言うと「何かに投稿する記事を書いてほしい。」という依頼主の意向のもと記事を代わりに書く仕事です。

ライティングの報酬単価は1文字に対する報酬が多いです。
例えば、「副業のライティングについての記事を[1文字/0.8円]で書いてください」のように単価が設定されています。

ですので、文章を構成するのが得意という人などにはぴったりですね。
ライティング案件は仕事を依頼している人が多いため比較的案件獲得に繋がりやすく、真剣に取り組むと月に数十万稼いでいる人もいるので、かなり狙い目です。

ライティングの仕事は主にクラウドソーシングを利用します。
有名なのはランサーズCrowdWorks(クラウドワークス) Craudia(クラウディア)が大手で使いやすいので、私も利用しています。

すべて登録無料なので、登録して募集されているお仕事を一度見てみることをおすすめします。

第1位 ブログ

私が今一番おすすめする副業は「ブログ」です。

主な収入源は、先程4位で紹介した「Youtube」と似ているのですが、広告収入となります。

一言に広告収入といっても、2つの種類があります。

・GoogleAdsence収入
・アフィリエイト収入

基本的にはサイトに広告を貼ってその広告がクリックされたり、商品が購入された場合にサイト運営者に報酬が支払われる仕組みとなっています。

ブログを開設する時は、WordPressというサービスを利用すると簡単に始められます。

「ブログは時代遅れ」や、「今更ブログでは稼げない」という声をよく聞きますが、そういった人たちは実際にブログ運営をしたことがない人や、すぐに諦めて辞めていった人たちです。

実際にブログで収益を上げている人はたくさんいますし、最近始めて半年で本業の収入を超えた人も知っています。まだまだ参入の余地があり、誰でも参入できるのでこの機会に是非やってみてください。

おすすめ副業のまとめ

副業には実に様々な種類があります。

時代も進んできていて、スマホ1つで完結する副業もあればガッツリパソコンとにらめっこして作業するものもあったりと、実に様々な働き方ができます。

副業としていたことの収入が本業を超えたので副業を本業にシフトした人も多くいて、今回ご紹介したどの副業にしても可能性はあるので「自分にはスキルがない。」や「本業だけで手一杯」と考えて何もしないのではなく、是非副収入を得る方法として副業を始めてみてください。

テクノロジー時代の現代を生きているので、ネットで稼げるスキルはなにか一つ持っておいて損はありません。毎月副収入として1,2万円あるだけで人生の幸福度は格段にアップしますよ。

[temp id=2]

フリーランスに挑戦!準備は必要ない。~エンジニア・プログラマ編~

【保存版】未経験でも勝てる!IT業界エージェント・転職サイト

Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.