HTML/CSS

【2020年最新版】HTML/CSSを入門する初心者の方に是非おすすめしたい本

こんにちは、リバティエンジニア[?]のたくやです。 現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

今回は、Webサイトを作りたい人やエンジニア、Webライターの方まで幅広い方を対象に、仕事に幅がでる言語の1つHTMLの学習をする際に役に立つ本を現役エンジニアの私のおすすめをご紹介します。

HTMLとは?

まず簡単にHTMLとは何か。ということをお話します。

「HTML」というのは、ウェブページの土台を作るためのマークアップ言語と呼ばれるものであり、インターネットに関わる全ての人に関係すると言っても過言ではないものです。

たとえばコーディングとは無縁そうなWebライターがHTMLを知っておけば、HTMLに関する細かな作業指示を素早く理解できますし、WordPressを使った投稿・記事編集においても対応が簡単になりますね。

HTMLの学習では前準備というのはほとんどいらず、コーディングの成果が目に見えてわかりやすいというのも大きなメリットのひとつです。

HTMLについて、詳しくは下の記事を参考にしてみてください。

~はじめてのHTML~ ブラウザに表示させてみよう!

HTML/CSSを学習するにあたって

HTMLを学習する事自体にメリットは確かにあります。
ですが、実際に学習をはじめた方の中には、

・HTMLを習得したいけどインターネットの仕組みがわからない
・早くWebサイトを作りたい

と思われる方も少なくないはず。

Youtubeなどでの動画学習や無料の学習サイトの利用も良いのですが、効率を求めるのであれば、書籍などの参考書に沿って学習を進めるというのも一つの手だと思いますし、比較的手が出しやすいかと思います。

複数のサイトを見て迷いながら独学するよりも、学習の基本となる1冊を購入しそれを元に学習する方が無駄も少なく、結果的には近道になるかもしれません。

現役エンジニアがおすすめするHTML/CSS参考書

完全な初心者の方から、少し慣れてきてさらなる技術向上を目指したい方など幅広いニーズにお答えするため、それぞれの方にあった書籍の紹介をしていきます。

完全未経験者におすすめHTML/CSS入門書

まずは未経験の方でも基本からわかりやすく解説してくれていて、比較的理解しやすい内容になっているものを3つご紹介します。

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門 (Design&IDEA)

この本はタイトルにも書いてある通り、とてもわかり易く解説してくれていて、イラストやサンプルコードも多く初心者の方でもとっかかりやすく、HTML/CSSの入門には最適です。

よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第3版】

この本が他の入門書と違うところは、HTMLとCSSを同時並行で覚えていけるというところです。

普通ですと一通りHTMLを覚えた後CSSをに移行するのですが、この本は同時進行で覚えられるため、デザインしながら学習することで飽きずに継続して楽しみながら学習できるところが一番の強みです。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

この本は特に、トレンドを意識したソースコードがサンプルとして用意されていて、レスポンシブデザインについてもしっかり記載されていて、実際のブラウザ画面の画像もついているので、自分で書いたコードの完成形と比較してすすめることも出来ます。

基本的なことはわかるがもっと理解を深めたい方におすすめする本

では次に基礎中の基礎はわかっているけどもっと理解を深めたい方向けの本をご紹介します。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

この本は実際の業務で頻繁に使うレイアウトパターンやレスポンスデザインを実際に手を動かしながら実装できるところが魅力となっています。

また、サンプルコードに沿って実装していくととてもおしゃれなWebサイトが完成して、達成感が得られるのもこの本をおすすめする理由のひとつです。

本当によくわかるHTML&CSSの教科書
~シンプルで、デザインの良いサイトが必ず作れる~

この本もサンプルコードを元に実際に手を動かしながら進めることが出来ます。

このサンプル通り進めると「ギャラリー、地図、お問い合わせフォーム」などの基本的なWebサイトの構成をすべて学習することが出来ます。

実際に読んでみた[HTML/CSS]の学習で個人的に一番おすすめする本

では、実際に読んでみていくつもある本や参考書の中でどれが本当におすすめなのかをご紹介します。

完全未経験の方は
"いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門 (Design&IDEA)"

これですね。

この本は先程紹介したときにも触れましたが、なんと言っても「Web未経験者のことを想定して書いてある」ことが一番良いと思いました。

よくある入門書では専門用語などが平気で使われていたり、専門的なことに対する説明が不十分であったりすることが多い中、この本では「htmlとは?」のような基礎から丁寧に解説してくれています。

なので完全初心者でHTML/CSSに入門する方にとっては嬉しい1冊であり、これだけでも十分と言える内容となっています。

入門者ではないが理解をもっと深めたい方は
"HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本"

この本がおすすめです。

私がこの本を読んだ時に一番良いと思ったことは、本を読み終えるとかなりおしゃれなWebサイトが完成していることです。
カメラマンの人のポートフォリオサイトを想定されたサイトが完成されるのですが、実際に自分の実績などを載せるためのポートフォリオサイトとして活用することも出来ちゃいます。

この本は本自体のデザインもおしゃれなので、モチベーションを上げるためにも個人的には1番気に入っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は実際に私がHTML/CSSを入門したての初心者の時に読んだ本を、ある程度経験を積んだ今だからこそ、確かな目線で評価してご紹介しました。

一言に入門書と言ってもすごい数があり、全部読むことはでません。
そんな中この記事をみて少しでも参考にしていただき、気持ちの良いエンジニアスタートを切ってもらえればと思います。

この記事を読んでいる方は、まずは独学でプログラミングを勉強してみようと考えている人もいるかと思います。

そこで独学でも本当にやっていけるか不安なかたは下の記事を見てみてください。
考えやプログラミングに対する気持ちやビジョンがはっきりしてもらえればと思います。

【結論】未経験でプログラミングの独学はぜんぜん可能


今回ご紹介したHTML/CSSの本・参考書のリンクを下にまとめておきます

Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.