~はじめてのHTML~ コメントアウトの書き方

HTML/CSS

そもそもコメントアウトとは?

こんにちは、リバティエンジニア[?]のたくやです。 現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

コメントアウトとは、コードの中にメモ書きのように書くことができる機能です。
コメントアウトの書き方はいくつかあるのですが、今回はそのうちの一つを紹介していきます。

コメントアウトって、どのようなときに使うのですか?

例えば、コードの解説であったり、普通はしないようなコードを何らかの理由で書いている時など、第三者の方がコードを見たときに何かわかるようにしたい時に使います。

書き方

<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <!-- ここがコメント部分です。 -->
    <p>ここが本文です。</p>
  </body>
</html>

このようにコメントアウトしたい部分は
「<!–  –>」
これで囲みます。

コメントアウトした部分はWeb上には表示されませんよね?

もちろんそうですよ♪

ただ書きすぎても見づらくなるのでほどほどにしてくださいね。

 

また、このコメントアウト、実は複数行でも使えるんです。
サンプルコードを参考にしてみてください。

<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <!-- ここがコメント部分です。
    ここもコメントとして反映されます。
     -->
    <p>ここが本文です。</p>
  </body>
</html>

このように、<!– と –>の間はたとえ複数行あったとしてもコメントアウトされるので、間違えて閉じタグを忘れたりすると、それ以降の行はすべてコメントアウトされてしまう。なんてこともあるので注意してください!

まとめ

今回は「コード中にメモを書きたい!」そう思ったときに使えるコメントアウトを紹介しました。
<!– –> で囲むだけなので簡単ですよね♪
適度に書き込むことで見やすさが格段に上がります!
ぜひ活用してください。

~はじめてのCSS~ プロパティについて
CSSのプロパティについて、そもそもCSSプロパティとは?というところから、実際のプロパティの記述方法などを初心者の方でもわかりやすく、なるべく専門用語は使わないように解説しました。

また、使っているテキストエディタによってはコメントアウトの構文をショートカットキーで省略できたりもしますので、お使いのテキストエディタでもできないか、探してみてください♪

なにか質問があればお問い合わせフォームでお気軽にお問合せください。
可能な限りすぐにお返事します。
一流プログラマを目指して頑張りましょう!

コメント