BLOG

【2020年】現役エンジニアの私がおすすめする、SEO対策済みWordPressテーマ6選

WordPressのインストールが終わったから、デザインテーマを導入したい!はじめてだから、なるべく失敗したくないのでおすすめを教えてほしい!

 

このような疑問に答えていきます。

 

  • WordPressのテーマを導入すべき理由
  • WordPressのおすすめ有料テーマ5つ
  • WordPressのおすすめ無料テーマ1つ
  • WordPressでテーマを有効化する手順

 

私は現役でエンジニアとしてWEB制作やWordpress制作を通して得たノウハウをブログで発信しています。



 

またSEOコンサルの経験もあるため、単純に見た目だけがキレイなテーマは本記事では紹介しません。しっかりとSEO内部対策出来ているテーマだけのを厳選しています。

 

WordPressテーマを導入すべき理由

おすすめのテーマをご紹介する前に、なぜWordPressブログにデザインテーマを導入するべきなのかについて、その理由をご説明します。

 

テーマを導入すべき6つの理由

  1. コーディングの手間が省ける
  2. デザインテンプレがついている
  3. WordPressのバージョン更新に対応
  4. 吹き出しなどの装飾が簡単に利用可能
  5. カスタマイズの方法がググると見つかる
  6. SEO対策済みなのでプラグイン少なめでも問題なし

 

WordPressのテーマには無料と有料があるのですが、大きな違いは「対応力」と「情報量」この2点がです。

有料テーマは常に改善されていき、カスタマイズ方法などの情報量もどんどん増えており、ググると情報量が豊富にあるため安心して利用することが可能です。

 

WordPressテーマは後から変更すると全記事調整する必要があったりと大変なので、最初から有料テーマを選んでおくのがおすすめですよ。

 

WordPressのおすすめ有料テーマ5つ

では早速、おすすめの有料テーマをご紹介していきます。

今回はSEO内部対策がされておりデザイン性も機能性も高いので、あなたの好きなデザインでつくりたい世界観にあうものを選択してみてください。

 

1度テーマを購入すると、新しいサイトを作る時にも利用できるので、テンプレートの使いまわしもできますよ。

 

ここで紹介するテーマは1度購入すると、その後は課金されることはないので安心してください。

 

AFFINGER5(アフィンガー5)【当ブログでも使用】

まずご紹介したいのが、株式会社オンスピードが制作する「AFFINGER5(アフィンガー5)」です。

「アフィリエイトで稼ぐ」ということに特化しているため、ブログを収益化させたい人にピッタリの嬉しい機能が充実しています。

 

  • 1度買えば他のサイトでも利用可能

 

AFFINGER5をテーマに選んでおけば、SEO系のプラグインは一切不要で、簡単にSEOアフィリエイトを始められます。

初心者の方で迷っている方は、AFFINGER5を選んでおけば間違いありません。

>>AFFINGER5をWordPressテーマにする

 

THE THOR(ザ・トール)

次にご紹介するのは、フィット株式会社が制作している「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)は、デザイン経験のない初心者でも「美しく・バランスの取れたサイト」をクリック操作だけで作れるように設計されています。

 

デザインの拡張性が高いので、他サイトと被らない自分だけのオリジナルデザインサイトが作れます

 

>> THE THORをWordPressテーマにする

 

SWELL(スウェル)

次は、LOOS WEB STUDIOの了さんが制作している「SWELL(スウェル)」です。

 

SWELLは、WordPressの新エディタ画面「Gutenberg(グーテンベルク)」の使い勝手が素晴らしいテーマといえます。

 

テーマデザインもシンプルでいいのですが、ブロガー視点だとエディタ画面の使いやすさはとても重要ですよね。

 

というのも、下書きを編集するのに30分〜1時間はかかるその作業を節約できるだけでも総記事数が変わってくるので、効率化したい方にもおすすめです。

>> SWELL(スウェル)をWordPressテーマにする

 

賢威(ケンイ)

4つ目は、株式会社ウェブライダーが制作している「賢威(ケンイ)」です。

株式会社ウェブライダーという会社は、有名なWEBマーケティングの本を出版しているSEOに強いWEBマーケの会社です。

 

2019年5月31日には「賢威8」がリリースされて、以下の機能が追加されました。

  • モバイルを基準にしたレスポンシブWebデザイン
  • メインビジュアルで使えるスライダーや全画面表示機能を追加
  • カスタマイザーを利用して管理画面内でデザイン・レイアウトを調整
  • キャラ設定など機能の一部をプラグイン化
  • 著者情報の表示や関連記事の機能向上など、より高品質なコンテンツを実現する機能

 

この賢威(ケンイ)は、値段が24,800円と少し高価ですが「ガチガチのSEOで上位表示を狙いたい」という方にはぴったりです!

>> 賢威をWordPressテーマにする

 

Sango(サンゴ)

有料テーマ最後に紹介するのが、月間200万PVのサイトを運営しているサルワカさんが制作している「Sango(サンゴ)」です。

上記画像のように、サイトを訪れる人に不快感を感じさせない、居心地のよいデザインが人気を集めています。

ショートコードで吹き出し、レビュー用ボックス、タイムラインなどを簡単に表示させられるので便利ですよ。

>> SangoをWordPressテーマにする

 

WordPressのおすすめ無料テーマ「COCOON」

では次にWordpressのおすすめ無料テーマであるCOCOON(コクーン)をご紹介します。

 

 

このCocoonは無料テーマと思えないほど、行き届いた機能性でとても便利です。

 

ですが、デザイン性に関しては、やはり今回ご紹介した有料テーマ5つの方が優れていると感じますね。

 

このCocoonは100%無料なのでご安心ください。

>> COCOONをテーマにする

 

WordPressテーマのデザイン修正やカスタマイズのコツ

WordPressのテーマを導入した後は、よりオリジナリティを出して同じテーマを使っている人との差別化を図るためにカスタマイズをすることが出来ます。

 

カスタマイズをするには下記の2つの方法があります。

  1. テーマについているデザイン機能を使った方法
  2. CSSをいじってデザインする方法

 

基本的には1つ目のテーマについているデザイン機能を使う方法をおすすめしていますが、中にはもっと細かいところも自分好みにしたい!という方もいるかと思います。

 

2つ目の方法はより細かくデザインできますが、無理やりカスタマイズするとテーマをバージョンアップした時などに、デザインがぐちゃぐちゃになる可能性もあることに注意しましょう。

テーマを選ぶときは自分が完成させたいデザインとイメージが合うものを。という選び方をしても良いかもしれませんね。

 

【裏技】誰かのサイトのWordPressテーマを調べる方法

このサイトかっこいいな!真似したい!

 

このように、色んな人のサイトを見ていると思うことがあるかと思います。

 

もしそのサイトがWordpressを使っていない場合はわからないので注意してください。

【まとめ】ブログテーマは必須!お気に入りのテーマで差別化しましょう

今回は、WordPressブログのおすすめテーマを6つご紹介しました。

 

 

ブログデザインは、あなたのブログの印象を決定づける重要な要素です。

無料テーマを利用して消耗するくらいなら、有料テーマを1度だけ購入してしまって、記事ライティングに集中しましょう。

Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.