C#

C# コンソールに出力してみよう!

こんにちは、リバティエンジニア[?]のFUNAです。 現役エンジニアとしてアプリケーション開発やWeb制作、SEOやブログ運営をしています。

いろいろなコンソールへの出力処理

前回の記事( [C#] "Hello World"を表示させてみよう!)でも登場していました、コンソールへの出力処理を勉強していきましょう!

[C#] "Hello World"を表示させてみよう!

コンソールへの出力は標準関数であるSystem.Consoleを使います。
これはコンソール(MS DOSプロンプト)に対する入出力を行うことができます。

例えば、

  • 数値の入出力
  • 文字列の入出力

などですね!
今回もこの標準関数、System.Consoleを使って出力をしてみようと思います。

数値の出力

では早速、数値をコンソールに出力してみましょう!

namespace Sample_001
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //  数値の出力
            System.Console.Write(123);
        }
    }
}
実行結果:  123

こうすることで数値を出力することができました。
数値の場合はConsole.Write関数の引数にそのまま数値を書けばOKです。

文字列の出力

続いて文字列の出力をしてみましょう!

namespace Sample_001
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //  文字列の出力
            System.Console.Write("abc");
        }
    }
}
実行結果:  abc

これで文字列が出力できます。
このように文字列を出力したいときは、先ほどの数値とは違い、「””ダブルクォーテーション」でくくってやります。

改行をいれて出力したい

コンソール出力する際に複数の値を出力したい時に、

namespace Sample_001
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //  数値の出力
            System.Console.Write(123);
            //  文字列の出力
            System.Console.Write("abc");
        }
    }
}

このように記述すると、どうなるでしょうか?
実際に実行して試してみてください。

実行結果:  123abc

続けて表示されて見にくいですよね?
今回はテストのため6文字分なのでまだ大丈夫ですが、実際にプログラムを組むときはそうはいきません。

こんな時に改行を入れたい場合は、次のようにします。
namespace Sample_001
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //  数値の出力
            System.Console.WriteLine(123);
            //  文字列の出力
            System.Console.WriteLine("abc");
        }
    }
}
実行結果:   123
                     abc
何が変わったかわかりますか?
System.Console.Write()という関数から、
System.Console.WriteLine()という関数に変えました。
こうすることで、出力された値の後に改行を入れることができました。

まとめ

今回は、コンソールに標準関数である、
System.Console.Write()とSystem.Console.WriteLine()を使って値を出力させる方法を見ていきました。

  • 数値を出力させる方法
  • 文字列を出力させる方法
  • 改行をいれて出力する方法

この3つを今回は覚えてください。

標準関数については、随時更新して紹介していきますね!


Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.