C言語

-C言語入門- 標準ライブラリについて

C言語だけでなく、ほとんどのプログラミング言語には「標準ライブラリ」というものがあります。


標準ライブラリは「プログラミングの基礎」とも呼ばれ、アプリ開発をする際には絶対に必要なものとなっています。
今回はC言語での標準ライブラリについて特徴などを解説していきます!

標準ライブラリとは

まずは「ライブラリ」という言葉について。
ライブラリとは、ある程度まとまった機能を提供するプログラム部品のことを指しています。
ライブラリは独立した部品として提供されており、特定の処理を行いたい時に必要な分だけ使うことができます。
 

プログラミングでは様々な処理を行って、
開発を進めていくのですが、この”標準ライブラリ”を使うことで効率が良くなり、思い通りのものを作ることができるのです。

そんな便利なものが標準であるなら使わない手はないですね!

はい。どんどん使って効率よく良いものを作っていきましょう!

処理にはものすごくたくさんの種類がありますが、
その中でも「入出力」「文字列処理」「時間」などは必ずといっていいほど使われる処理なので、プログラミング言語に標準で入っています。

すでに最初からあるものなので、「標準ライブラリ」と呼ばれているのですね。

C言語でよく使われるライブラリ

次に、C言語でよく使われるライブラリを紹介していきます。


最初は実際に使うイメージもわかないので、難しく感じるかもしれないので、サンプルコードと一緒に代表的なものを紹介したいと思います。

入出力(Input/Output)

主にデータを取り扱うライブラリです。
データには、テキスト形式のものやオフィスデータ(ワード、エクセルなど)、画像データ・音声データなどたくさんの種類があります。

ファイルから読み込んだり、中身を編集してみたりすることができます。

サンプルコードではテキストの入出力を見ていきます。

標準入力(Input)

基本的にはキーボードなどから文字列を取得します。

#include <stdio.h>

int main()
{
    char str[256];
    printf("何か入力してください。");
    scanf("%s", str);
    printf("[%s] が入力されました。", str);

    return 0;
}

標準関数を使うときの注意点ですが、必ず、「stdio.h」をIncludeしてください。
Includeについては、機会があればまた紹介しますね。

"scanf()"という関数を使ってユーザーからの入力を待って、入力された文字列を取得しています。

標準出力(Output)

今度は標準出力ですが、例えばプログラム側からアプリケーションを使うユーザに向かって画面などに表示する際などに使います。

// 標準関数を使うときはincludeを忘れずに!
#include <stdio.h> int main() { char str[256]; printf("何か入力してください。"); scanf("%s", str); printf("[%s] が入力されました。", str); return 0; }

実は先ほどの標準出力の時にも使っていたのですが、"printf()"というものが標準出力になります。
これで画面などに出力することができます。

文字列の処理

おもに文字列の処理をするライブラリです。
例えば、文字をつなげたり、特定の文字を検索したり、削除したりできます。

#include <stdio.h>

int main()
{
    char str[256];
    char str2[256];

    printf("何か入力してください。");
    scanf("%s", str);
    // 文字列を連結する関数
    strcat(str2, str);

    return 0;
}

ここでは文字列を連結する標準ライブラリを紹介します。
このサンプルコードでは、"strcat()"関数を使って"str2"に"str"を連結しています。

まとめ

今回は、標準ライブラリについて解説しました。
プログラミングをする際には必須になる標準ライブラリは基本的な機能が最初から備わっているものということと、そのライブラリを使うには、"include"が必要ということを忘れずに覚えておいてください。

C言語入門 - 簡単解説"include"(インクルード)宣言とは?

[temp id=2]

Copyright© FUNA BLOG , 2020 All Rights Reserved.